資料請求・お問合せ

0766-28-7700

月〜土(日・祝除く)
9:00〜17:00まで

オンラインフォーム

サンバリーのスタッフから皆さんへのメッセージ

先輩介護士からのメッセージ

入社3年目 さくら苑勤務

こんな仕事をしています

さくら苑の介護部に所属しています。認知症の方も多少いらっしゃいますが、基本的には在宅への復帰を目指される方への介護支援をしていますので、生活一般の援助とリハビリの援助に就いています。

以前、一般の企業で事務の仕事をしていた際、人と接する仕事をしたいと思っていて、中でも、誰かの支えになれる、サポートができる介護の職に就きたいと考えていました。
介護のお仕事についての下調べは、所属している地元の女性消防団の中で情報収集をしました。消防団のメンバーの中に、サンバリーグループの施設に勤務されている方がいらっしゃったのですが、いつもお仕事のお話しは前向きな事が多く、明るい職場風景と、明るいスタッフの方が多いのだろうなと想像していました。

介護職の経験がなく応募をしたわけですが、さくら苑で働きはじめてからも想像していた明るい職場環境に間違いなかったと感じています。
お仕事内容は体力が要りますが、働きはじめる前に想像していたものとそう違っていませんし、私自身がずっと核家族の生活をしてきて、前職も人と接することのなかった職でしたので、おじいちゃん、おばあちゃんとのコミュニケーションを楽しんでいます

以前、利用者さんの中で、いつも機嫌が悪そうだといいますか、後ろ向きな言動が多い方がいらっしゃいました。その方との関わりの中でも、こちらが一度ちゃんと受け止めて、明るくいこうと意識しながらケアを続けていると、体調を崩してご自身が大変だったときに、必死に「ありがとう」と言ってくれたことがあり、今でも忘れられません。

介護のスキルも当然もっと学びたいと思いますし、利用者さんの中には、なかなか上手くコミュニケーションを図れない方もいらっしゃいるので、そういった方々の生活の介助、リハビリの支援やあらゆる場面でのちょっとした会話から、思いを汲んであげられるようなコミュニケーションのスキルを深めたいなと感じるようになってきました。
利用者さんから笑顔をもらえると、こちらの気持ちがとても晴れやかになり、達成感に繋がります。

今の自分、将来の自分

180度違う分野から介護のお仕事を始めましたが、少しずつ自信も付いてきました。入社3年が経ち、資格取得の為の実務者研修をさくら苑から受けに行きます。
実際に働いてみると、利用者さんはそれぞれに個性があって、お一方おひとかたで関わり方は違います。定番的な介護ではなく、それぞれの方に合ったケアをしてあげられるようになりたいというのが今後の目標です。

また、自分の親・親戚も家で見ることができるのか、また、施設を利用する側の気持ちもどんな思いだろうかといった、心の成長もできればと考えています。

入職を考えられている方へのメッセージ

さくら苑のスタッフは、看護師も含めスタッフ皆の仲が良いです。人を支える仕事に就いているからでしょうか、優しく、心の広い方が多い様に思いますし、会話も多いのではないでしょうか。

人の気持ちがわかって、多くを受け止めるのは、家族や友人との間でも完璧にできるものではないのが当然ですが、焦らず利用者さんとちゃんと向き合えば、ちゃんと介護ができます。私自身も、気が長くなったように思います。
今までに味わったことのない感動がある職場です。
是非みなさんと感動を共有しながらお仕事をしたいと思います。

見学会・相談会は、ご希望があれば随時開催できるよう、お申し込みを受け付けております。グループ施設見学、入職ご相談のお申し込み方法、開催までの流れはこちらからご参考ください。